バイナリーオプションの正しい始め方講座

バイオプで発生したトラブルの事例と対策

バイオプはまだ比較的新しい投資の方法であり、現状ではまだまだ改善するべき点が多い業界であるということができます。
金融庁や消費者庁に対しては連日のようにバイオプに関連するトラブルが報告されており、それに対してどのようにして是正していくか、業界に対して規制をしていくかということは非常に重要なこととなりました。
さて、では実際にバイオプではどういったトラブルが報告されているのでしょうか。
まずトラブルの事例として最も多いのが、実際にバイオプを利用して、それで利益を出したのにもかかわらず配当を口座に振り込んでもらえないというトラブルです。
バイオプは勝って満足するものではなく、配当を手にしなくては意味がありません。
配当を手に入れるためには銀行口座の番号や住所、氏名、顔写真などの個人情報が必要だと言われ、そのまま従ってしまったために悪徳業者に自分の情報を知られてしまったというトラブルは非常に多く報告されています。
次に注意するべきとなるのが、本来では実施されていないキャンペーン情報を信じてしまうということです。
例えば一定額以上入金したのであればその同額をプレゼントするなどのキャンペーンが行われていることもありますが、入金した後で「取引をしないとキャンペーンに参加できない」と言われたり、取引をしても「一定額以上取引しないとキャンペーンに参加できない」というようになあなあにされてしまうのです。
これも比較的良く報告されるトラブルです。
こうしたことを見ると「バイオプは危険なのではないか」というように見えるのも仕方ないことなのですが、国内の優良業者などは適切な形で事業を運営しているのも確かです。
そうした業者は情報を集め、自分なりの判断基準でチェックすれば見つけることができますから、バイオプで取引をする前にはなるべく多くの情報を集めるようにし、自分がトラブルに巻き込まれないように注意をしましょう。

 

 

初心者向けのバイオプ業者の特徴

 

バイオプは少額でも参加できる投資の形式のひとつとして、インターネットを中心として非常に高い人気を集めるに至りました。
しかしながら、バイオプが闘士であるということは変わらないのですから、適切に利用をしていくには良い業者を見つけなくてはなりません。
さて、ではそうした中で初心者向けのバイオプ業者にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでまず最初に挙げられるのが、国内の業者であるということです。
バイオプは国内外を問わずさまざまな業者で運営されていますが、国外業者と連絡を取る際には現地語を使わなくてはならず、問題が発生した時にうまく対応してもらえない可能性があります。
加えて海外業者の中には日本の金融機関として登録をせずに操業をしているケースもあり、そうした業者が相手だと本来金融機関に求められる基準をクリアしていないこともありますから注意が必要なのです。
次にチェックしたいのが、大手かどうかということです。
例えばバイオプだけを事業として運営している業者だと、その事業の歴史や安定性に関して疑問が持たれてしまいます。
ですがその点において、日本国内でFXや株式といったようなさまざまな投資形態に対応をしている大手であれば、蓄積された信用を損なわないような誠実な事業運営を期待することができるでしょう。
大手だと消費者にとっての条件が少々厳しいこともあるのですが、安心して利用できるということで言えばこれ以上ない特徴だと言えます。
つまり国内の業者で、かつ他の投資事業にも広く手を出しているというのであればある程度安心できるというのがひとつの基準と言えるのです。
反面、国外の業者や、バイオプしか行っていないような業者ということになると、どれだけ条件が良くともリスクが大きくなってしまいますから、慣れるまでは利用しないようにするのがベストなのです。

 

 

バイオプで勝ちやすくするためのコツ

 

バイオプは勝つこともあれば負けることもある、一種のギャンブル的な要素を含む投資です。
そのためコツがわかっていないといつまでも負け続けてしまい、自分が持っている財産の多くを失うという悲劇に繋がってしまいかねません。
投資でわが身を潰してしまうということは、遠いどこかの国のことではないのです。
どのような国であっても投資に参加できる人がいるのであれば、一定数の人は損をして、そしてそれが続けば身を滅ぼします。
そのため少額であってもバイオプに参加する以上は勝ちやすくするコツを考える必要があるのです。
さて、ではバイオプで勝つためのコツとはなにかというと、まず大切なのが「投資金額を定める」ということです。
例えば元手が10万円あったというような場合、一度の投資に10万円全額を入れるということはするべきではありません。
ポーカーなどであればブラフとして機能してくれますが、相手が人間では無いバイオプにおいては極端なハイリスク・ハイリターンにするだけの選択です。
そのため投資額は一定にしておき、なるべく小分けに投資するということが重要になります。
割合としては1~5%程度、勝つ自信があるのであれば10%ほどを使うというようにするのがベストでしょう。
先ほどの10万円の例であれば、1~5千円程度、非常に読みやすい相場があれば1万円程度までが好ましいバランスです。
そして「一度に儲けようとしない」ということも重要です。
例えばビギナーズラックで数万円から数十万円の儲けを出したとしても、それはただ運が良かっただけに過ぎません。
投資の基本は長期的に利益を得ることです。
短期間で莫大な利益を得ても最終的にそれを全て失ったのであればそれは大敗ですし、逆に短期間でわずかな利益しか得られなくとも、長期的にバイオプに参加できるだけの資本を持ち続け、増やし続けることに成功したのであれば勝ちなのです。
要するに、バイオプのコツは欲張りすぎず、堅実に勝ちを取りに行くということに尽きます。

計画的にゆっくりと儲けを出せるような運用を心がけましょう。

私がFXをやっていて心から喜べる瞬間はやっぱり予想が当たってどんどん膨らんでいった含み益を決済したときだから、そういうトレードは月に一度あるかないかだとわかっていてもいつも狙い続けていますし、高い目標があるからこそやる気が出るのかもしれません。
普段はほとんどスキャルピングくらいの間隔の取引を一日に数回程度しているだけですが、最低100pips以上の利益を見込めそうなチャンスがあるときはその取引をするためだけに集中して、なんとかしてあの大きい利益を得たときのスカッとした気分を味わいたいと頑張っています。

 

元々はスワップを軽視した中長期取引でFXを始めていたからそのころのやり方が今でも体に染み付いていますし、短期取引をちょくちょくしているのは稼ぐためというよりも大きいチャンスを待つための繋ぎで、半分は相場の勉強みたいな感じでやっているというのが正直なところです。
大きい狙いをすればするほど取引の回数が少なくなるから大事なときに勘が鈍ったらいけないので、こうして取引で勝っても負けてもさほど資金に影響のない範囲で少額FXを混ぜていけば、ただチャートを見るだけより今の為替の状況が格段にわかりやすいのです。

 

そしてかなりチャンスを厳選して大きな含み益になりそうなポジションを持つように注意を払っているから、一回の成功トレードは100pips以上が私の中で合格ラインと決めているのにもかかわらず、この狙いに限定した平均利益だけを抽出してみると200pipsに届きそうなパフォーマンスになっています。
このトレードは途中で追撃のポジションも含めていて、値幅以上に利益が増えていることもあり月の利益のほとんどを占めているから、短期のお試しポジションを持って何度か負けてしまった場合でも資金はもちろん精神面でも痛手と感じずに余裕でいられるのです。

 

最近は大きな利益が狙えるポジションが持てるのは月初めの経済指標が集中するときだとわかってきましたし、FXをする時間も月の下旬は大幅に削りつつあります。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:21:28

7月1日。ギリシャ問題によって大きく窓を開けて下落してから2日が経ちました。クロス円は窓を埋め、すっかり落ち着きを取り戻しました。東京時間は荒れることがなく、安定した値動きでした。欧州時間になると欧州勢は円売りで参入してきました。序盤は、東京時間の値動きを引き継いで安定していました。ユーロ円も安定していましたが、16時過ぎになると17時過ぎにかけて40PIPS下げて、その後大陽線を出して下げ幅以上の上昇を見せています。売っていたらまたも損切りです。先週、ユーロ円が激しく下げた日があります。東京時間の平穏な動きが一変。ユーロ円はほとんど戻りなく1円近く下げました。売ろうにも戻さないものだから、もう売っちゃえってなるようなパターンです。下げが始まったばかりの時、戻りを待たずにすぐ売っていれば大きく利益が取れています。しかし、素直に戻りを待って陽線が連続で出現して戻りが始まったところで売っていると、これは戻りではなく、下落の全戻しということになっています。ユーロ円は下げがスタートした位置より若干の上昇を見せました。その後、再び下落。戻りがなく下落して、戻りを作ったと思ったら全戻しのパターン。こういう動きは困りますね。今日のユーロ円の値動きもこのパターンと似ています。他の通貨は安定していてもユーロ円だけは不安定でやりにくいものです。そんな中、米ドル円が123円を回復しています。その後、122.90辺りに押し戻されていますが、上昇のパワーは残っているみたいです。豪ドル円は95円手前まで迫る場面がありましたが、残念ながら回復には至っていません。現在は、94.71。今日は何とか大丈夫そうですね。ニューヨーク時間になったら米ドル円は再び123円に向かう動きを見せるのではないかと思います。豪ドル円は既定のレンジを穏やかに動くのではないかと思います。5分足を確認しました。5分足はレンジのような雰囲気。1時間足ではじわじわ下値が切り上がっています。緩やかな上昇を描いています。これを見ると、上に行きそうな感じがします。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:21:28

6月29日、東京時間午後の相場。本日の月曜日は大きく下に窓を開けて取引がスタートしました。私がチェックした豪ドル円は2円程も窓を開けていました。1円の窓は見たことがあるけど、2円近い窓は今回が初めてなので、びっくりしてトレード戦略を考えようという気持ちすらなくなっていました。92.68でスタートしてから、窓埋めの動きをして、結局は94.72まで上昇。窓を埋めました。それからは、再び下攻めの動きがスタート。豪ドル円は、時間の経過とともに94円前半へ戻っていきました。埋めてからは、本日の安値を目指すような動きになっています。現在は午後14時過ぎ。いつもなら、13時過ぎには相場チェックを行っています。このような荒れた状態だから見ていてもしょうがないと思って、いつもの1時間を今回は本を読む時間にしていました。ジャンルは自分の習慣を変えることがテーマになった本。これを読んでトレードで勝てるようになるわけではないけど、負けそうな時、自分の気持ちに勝つことができます。プラスのエネルギーを自分に与えようと読んだら、気持ちが前向きになっています。言葉の力って大きいです。活字を読んだだけで、元気がみなぎってくるなんて。相場に入ってくるニュースも活字で書いてあり、入ってくる文字だけで状況を想像して、明るくなったり暗くなったりします。今回の場合は、ギリシャ問題に対する不安で市場が荒れているのが見て取れる。だから、欧州の先行き大丈夫かなぁなんて思って焦るからよくない。ニュースを見て影響を受けないようにしよう。今日の場合、ニュースを見たくなったら、前向きになる本を読んで気持ちを奮い立たせます。荒れ相場だと一度分かったら、そう簡単に状況は変わらないから、チャートを開いて分析しようとしたり、ニュースに目を通して売買戦略を考えたりしないほうがいいというのが私の考え。そういう相場に限って予想外の動きをするから。この相場では、息抜き決定です。豪ドル円は、93.67。値動きは大きいけど、トレード出来ない。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:21:28